アロマティック・マッサージとは

皮膚は触覚に関する最大の器官であり、外界の知覚だけでなく、他者とのコミュニケーションの重要な媒体です。皮膚の接触により、心の糧である愛情を触れる側と触れられる側相互に分け与えることができます。

 

アラビア語で「触れる」という意味の動詞 "mass" を語源としたマッサージは、はるか昔から専門家が行う治療行為や家庭におけるセルフ・メディケーションの一環として、文化の異なるさまざまな国の人々によって受け継がれてきました。 

 

近年、アロマテラピーの研究も進み、それぞれのエッセンシャルオイルの成分や作用が科学的に解明されるに従い、アロマティック・マッサージの適応の幅も広がりました。

 

エッセンシャルオイルに含まれる香りの成分が皮膚から浸透して肉体面に働きかけるとともに、心地よい香りは嗅覚システムを刺激し、精神心理面にも働きかけます。

 

エッセンシャルオイルと植物油のバランスのとれたブレンドはアロマティックシナジーを生み出し、マッサージ効果を最大限引き出します。

 

現在、医療、介護、エステティック、スポーツ、リフレクソロジーなど、さまざまな分野でエッセンシャルオイルを使ったマッサージが行われています。 

ホリスティックアロマテラピーの理念に基づく マッサージ効果を高めるプロ仕様のブレンド

メディカルアロマテラピーに則った心と体の健康をサポートする理想的なマッサージオイルです。