Panacea Pharma

パナセア・ファルマは、安全で効果的なアロマテラピーのための精油ブランドです。

Aromatherapy is a science; for your well-being and safety, it must be treated by professionals.

パナセア・ファルマ日本総代理店 日本エステル社

 042-502-8877(月〜金/10:00-16:00)

 メールでのお問い合わせはこちら

イムネオール100の品質保証


アロマテラピー専用の品質基準を満たしたエッセンシャルオイルだけをブレンド

 

イムネオール100の生みの親であるフィリップ・メユビオは1980年代初頭に、H.E.B.B.D.というアロマテラピー用のエッセンシャルオイルの品質基準を設けました。

 

エッセンシャルオイルがケアの目的に従って、皮膚塗布のみならず飲用や経直腸投与(座薬)等、医薬品同様の使い方がなされるアロマテラピーでは、その人体に与える影響と薬理学的な特性を考慮に入れた品質基準の設定が急務であったからです。香料としてのエッセンシャルオイルの品質基準しか存在せず、そもそも天然のエッセンシャルオイルに品質の違いがあるという認識すらなかった当時としては、メユビオの試みは画期的なことでした。

 

2000年にフィリップ・メユビオは、それまでの研究成果を踏まえ、H.E.B.B.D.の基準をさらに厳格化してE.O.B.B.D.®と改めました。そして、この新規格E.O.B.B.D.®を満たすために実施される分析システムと品質管理の方法によって、同年、国際規格ISO9002を取得しました。

 

イムネオール100は、ロット毎に高精度のGC/MS/FID(ガスクロマトグラフ、質量分析計、水素炎イオン化検出器)分析を行い、品質と安全性を確認しています。

 

また、厳格な基準で知られるヨーロッパ薬局方に則った残留農薬検査もロット毎に実施しています。

 

イムネオール100はアロマテラピー専用の品質基準(E.O.B.B.D. QUALITY ASSURANCE)を満たし、残留農薬が検出されない(PESTICIDE FREE)証しとして右上のロゴが付与されています。

 

自然の香り豊かなイムネオール100

エッセンシャルオイルは数字では表すことのできない「香りの質」も大切です。

 

科学的なデータだけに頼らず、アロマテラピー用のエッセンシャルオイルの品質鑑定を専門に行う人間の鼻による官能検査を行い、「香りの質」を重視しています。香りはエッセンシャルオイルの魂と言うべきものだからです。

 

ナチュラルで芳醇な香りは質の確かなエッセンシャルオイルである証拠と言えます。


パナセア・ファルマの製品づくり

イムネオール100の製造元であるパナセア・ファルマはGMP(Good Manufacturing Practice)認証を取得し、ISO9000シリーズ規格(国際標準化機構)に則り、安全性を最優先にした製品づくりに取り組んでいます。

 

  • 製品や原料の品質と安全性を確保するために、フランスの第三者機関による高精度のGC/MS分析や残留農薬検査などを行っています。また、ユーザーにその情報を公開しています。
  •  安全性が確認できない製品や原料は使用せず、また販売も行いません。
  • 化粧品については、ヒト(成人)の肌で皮膚感作(アレルギー)性を含めた安全性テストを実施しています。
  •  EU指令93/35/EECに則り、製品や原料に関する動物実験は行っておりません。