Panacea Pharma

パナセア・ファルマは安全性と品質を追求するアロマテラピーに精通したブランドです。

Aromatherapy is a science; for your well-being and safety, it must be treated by professionals.

パナセア・ファルマ正規輸入代理店 日本エステル社

 042-502-8877(月〜金/10:00-16:00)

 メールでのお問い合わせはこちら

ブログカテゴリ:エッセンシャルオイル


2020年2月 · 2020/02/06
aromanet-jp.com の 精油詳解に『第4回 ラヴィンサラ』を掲載しました。 身近な感染症のファーストチョイス。ラベンダーと肩を並べる多才な精油です。

2020年1月 · 2020/01/15
オーストラリアの先住民が様々な手当てに用いてきたティーツリー。近年、医学界からも注目されています。かぜや花粉の季節にも重宝します。

2020年1月 · 2020/01/10
ラベンダーはアロマテラピーにおいて最も基本的な精油で、その用途は多岐にわたります。原液のまま使うことのできる数少ない精油の一つで、毒性がなく、他の精油とも相性がよくてブレンドしやすいのが特徴です。

2019年12月 · 2019/12/18
エッセンシャルオイルの女王とも形容されるローズ(ロサダマスケナ Rosa damascena)。 ローズのエッセンシャルオイルは、最も高価で稀少なことからダイヤモンドにも喩えられます。その芳香は万人を魅了する心地よさを持つと同時に、扱い方によって表情を変える気難しげなトーンも秘めています。

2019年12月 · 2019/12/13
アロマテラピー用として汎用性が広いユーカリの精油は、ユーカリラジアタ Eucalyptus radiata です。1,8-シネオール(別名ユーカリプトール)が多く含まれるタイプで、とてもさわやかな香りと使い心地です。主に呼吸器系の上部(耳鼻咽喉領域)に用いられます。 ユーカリグローブルスよりもやさしい香りなので、吸い込んでもむせたりすることがありません。ユーカリグローブルス同様に気管支の炎症、うっ血を除去して炎症を鎮めて痰を出しやすくします。

2019年12月 · 2019/12/03
マーガレット・ワイズ・ブラウン作、バーバラ・クーニー 絵 / 他『ちいさなもみのき』(福音館書店)、という絵本を見つけました。 森のはずれに生えた小さなモミの木が、足が悪くて寝たきりの男の子の部屋に運ばれ、ベッドの足元の樽に植えられるシーンが、こう描かれています。

2019年12月 · 2019/12/01
北半球では、レモンの収穫の季節です。国産のレモンも店頭に出始めました。 精油の香りも、生の果皮を絞ったときに一瞬鼻腔を刺激するフレッシュで心地よいあの香りと同じです。 レモンは、香りも風味もよい上にアロマテラピーには欠くことのできない様々な作用特性のある安全な精油です。 爽やかな香りは、気分をリフレッシュさせます。芳香浴にも適しています。

2019年9月 · 2019/09/11
クラリセージ Salvia sclarea はとても利用価値の高い女性のための精油です。いまでこそセージ Salvia officinalis と混同する人は少なくなりましたが、長い間、その区別があいまいなまま用いられてきました。“セージには毒がある”という評判がクラリセージの普及を阻んでいたのです。

2019年8月 · 2019/08/22
ティーツリーMelaleuca alternifoliaは、オーストラリアのクイーンズランド州とニューサウスウェールズ州に自生している植物で、1770年、イギリスの海軍士官であったジェームズ・クック(通称キャプテン・クック)によって発見されました。

2019年7月 · 2019/07/04
最近はあちらこちらに植栽されているハーブのゼラニウムPelargonium graveolens。毬のようにピンクの花を咲かせます。 ローズをやや甘くした華やかな香りが心地よく鼻腔を刺激し、気分を前向きにさせてくれます。葉を水蒸気蒸留してエッセンシャルオイルを抽出します。

さらに表示する