Herba HELVETICA

私たちは常に品質と安全性を追求しています。

Aromatherapy is a science; for your well-being and safety.

エルバ・エルヴェティカ日本総代理店 有限会社日本エステル社

 042-502-8877(月〜金/10:00-16:00)

 メールでのお問い合わせはこちら

クリスマスのハーブ「ウインターグリーン」

 

クリスマスシーズンを迎え、花屋さんの店頭でチェッカベリーを見かけることが多くなりました。冬に赤い実を付けるかわいらしい鉢です。夏には白い花を咲かせます。

専ら観賞用として販売されていますが、学名は Gaultheria procumbens。ウインターグリーンの原料ハーブです。

エッセンシャルオイルにはサリチル酸メチルという成分(消炎作用や鎮痛作用のある成分で湿布の匂いがする)が95%以上含まれています。葉を揉むと少しだけですが、スーっとした湿布の香りがします。

傷つけられたり、病虫害に侵されると、身を守るために、一気に病害抵抗性を高めてサリチル酸メチルを生産するからです。

つまり、病虫害に脅かされない平穏時には、サリチル酸メチルは葉の中には存在せず、サリチル酸グルコシド(配糖体)として水に溶けやすい状態で存在しています。

ですから、ウインターグリーンは、葉をお湯に半日から1日浸してサリチル酸メチルができてから水蒸気蒸留を行い、エッセンシャルオイルを抽出します。

エッセンシャルオイルは産地によって若干成分が異なります。見た目は淡い黄色からピンク色のものまであります。

ピンク色の正体はオイゲノールという成分(クローブに多く含まれる成分で歯医者さんの匂いがする)がわずかに含まれるためです。