Panacea Pharma

パナセア・ファルマは安全性と品質を追求するアロマテラピーに精通したブランドです。

Aromatherapy is a science; for your well-being and safety, it must be treated by professionals.

パナセア・ファルマ日本総代理店 日本エステル社

 042-502-8877(月〜金/10:00-16:00)

 メールでのお問い合わせはこちら

2019年

12月

13日

使いやすいユーカリラジアタの精油

アロマテラピー用として汎用性が広いユーカリの精油は、ユーカリラジアタ Eucalyptus radiata です。1,8-シネオール(別名ユーカリプトール)が多く含まれるタイプで、とてもさわやかな香りと使い心地です。主に呼吸器系の上部(耳鼻咽喉領域)に用いられます。

 

ユーカリグローブルスよりもやさしい香りなので、吸い込んでもむせたりすることがありません。ユーカリグローブルス同様に気管支の炎症、うっ血を除去して炎症を鎮めて痰を出しやすくします。

 

また、鼻咽頭炎や副鼻腔炎、耳炎などにも優れた効果を発揮します。風邪や気管支炎などの場合はユーカリグローブルスとブレンドして用いるとより効果的です。

 

ユーカリラジアタには免疫力を高める作用もあるので、風邪、インフルエンザなどのケアにも適しています。使いやすくて安全な精油で、原液のまま皮膚に塗布してもなんら問題はありません。ユーカリラジアタは、主に上気道(耳鼻咽頭領域)のトラブルに用いられる精油です。

2019年

12月

08日

冬のアロマは イムネオール100

イムネオール100

寒さもいよいよ本格的になり、インフルエンザも流行期に入ったとか。

 

冬におすすめアロマは『イムネオール100』 9種類のエッセンシャルオイルがブレンドされた、爽やかな香りのリフレッシュローションです。

2019年

12月

03日

クリスマスツリーの香り

マーガレット・ワイズ・ブラウン作、バーバラ・クーニー 絵 / 他『ちいさなもみのき』(福音館書店)、という絵本を見つけました。

森のはずれに生えた小さなモミの木が、足が悪くて寝たきりの男の子の部屋に運ばれ、ベッドの足元の樽に植えられるシーンが、こう描かれています。

  ちいさいもみのきが やってくる
  ちいさいもみのきが やってくる
  シュッシュッと
   えだのふれあう おとがする
  ツンツンと
   はなをさす みどりの においがする

モミの新鮮な香りは、森の静けさと星明りの夜を想起させ、爽やかな空気を部屋に満たします。その香りの正体は針葉に含まれるエッセンシャルオイルです。

モミの中でもマイルドでよい香りのするのは、“バルサムモミ Abies balsamea ”と“シベリアモミ Abies sibirica ”。両方とも生木はクリスマスツリーに用いられ、また、エッセンシャルオイルはアロマテラピーに用いられます。

バルサムモミはアメリカ北部、カナダなどに生息している針葉樹で、クリスマスツリーとして人気ナンバーワンの品種。エッセンシャルオイルはネイティブアメリカンによってさまざまな病気の治療にも用いられてきました。

シベリアモミはタイガと呼ばれるシベリア地方の針葉樹林帯に生息し、短い夏の間に水蒸気蒸留によって抽出されます。

バルサムモミとシベリアモミのエッセンシャルオイルには、モノテルペン類(ピネンや3-カレンなど)とエステル類(ボルニル・アセテート)などが含まれています。

病原菌の成長・増殖を抑えて空気感染を防ぐことが知られていて、風邪が流行する時期の芳香浴に適しています。お部屋の空気をきれいにして呼吸を快適にします。締め切った部屋で長く過ごす冬にぴったりのエッセンシャルオイルです。

ユーカリラジアタやローズマリー・シネオール、ペパーミント、柑橘の果皮から抽出された他のエッセンシャルオイルとブレンドすると使いやすくなります。

2019年

12月

01日

風味も爽やかなレモンの精油

 

北半球では、レモンの収穫の季節です。国産のレモンも店頭に出始めました。

精油の香りも、生の果皮を絞ったときに一瞬鼻腔を刺激するフレッシュで心地よいあの香りと同じです。

レモンは、香りも風味もよい上にアロマテラピーには欠くことのできない様々な作用特性のある安全な精油です。

爽やかな香りは、気分をリフレッシュさせます。芳香浴にも適しています。

例えば、甘くてジューシーな香りのスイートオレンジをベースにブレンドして、シナモンなどを「隠し香」的にごく少量加えれば、お部屋の空気もきれいにする芳香浴用ブレンドになります。

イランイランやゼラニウムなどフローラルな香りのブレンドにレモンを加えると、すっきりした香りになります。

レモンは香りも風味も良いので、品質の確かな食品香料として使うことのできる精油なら、料理や製菓にも使うことができます。

精油は油と相性がよいので、植物油を使ったドレッシングに加えるといつものお料理を手軽にグレードアップできます。ただし、入れ過ぎは禁物。ほんのりふわっと香る程度に仕上げるのがコツです。

2019年

11月

26日

寒さと乾燥にはアロマのオイルケア

寒さと乾燥が気になる季節。オイルケアが何時にも増して素肌を守ります。

アロマティック・マッサージオイルD は、全身(フェイスにもボディにも使えます)に使えるスキンケアオイル。

ベースのオイルには、γ-リノレン酸を含み、エモリエント効果のあるイブニングプリムローズ(月見草)油を配合し、イランイラン、真正ラベンダー、ローマンカモミールなどの美容のためのエッセンシャルオイルを加えました。乾燥でダメージを受けた肌に潤いを与え、張りとキメを整えます。

入浴後にはできるだけ早くオイルを擦り込んで、水分が失われるのを防ぎましょう。硬くなりがちなひじやかかとにも。

2019年

11月

19日

美ST 1月号 川村友子さんのイムネオールの使い方

美ST 2020年1月号 イムネオール100

美しい40代・50代のための美容情報

美しい40代・50代のための美容情報

40代50代の美容バイブル『美ST 1月号』(光文社)にて、ヘア・メークアップアーティストの川村友子さんに “イムネオール100” をご紹介いただきました。

 

特集は『 大SNAP! これが新時代の美しい40代』

表紙は松島菜々子さんです。

 

 

2019年

11月

17日

風邪と睡眠の関係

寒さも本格的になり、風邪も流行ってきました。インフルエンザも流行期に入ったとか。「風邪に負けないように、しっかり睡眠を取りましょう」とよく言われています。

 

風邪の原因ウイルスを点鼻薬で投与して、睡眠時間と風邪の発症を調べた研究*では、睡眠時間5時間未満では風邪の発症率が45%、5~6時間が30%、6~7時間が23%、7時間以上が17%でした。睡眠時間が6時間以下と7時間以上を比べると明らかですが、睡眠時間が短いと風邪にかかりやすいという結果が得られました。

 

アロマテラピーでも睡眠をとても大切に考えます。安眠のためのファーストチョイスはラベンダー。入眠を促すリラクセーションのマッサージにも最適です。就寝前にみぞおちに擦り込んで、手についた香りをゆっくりかぎます。

 

Reference:

*Aric A. Prather, Denise Janicki-Deverts, Martica H. Hall, Sheldon Cohen, Behaviorally Assessed Sleep and Susceptibility to the Common Cold, Sleep, 2015 Sep 1, 38(9), pp.1353–1359.

2019年

11月

10日

『冬のおすすめアロマ』を掲載しました

冬のおすすめアロマ を掲載しました。

 

 寒い季節のトラブルを乗り切るのにエッセンシャルオイルが役立ちます。

 

 締め切ったお部屋の空気を爽やかにする芳香浴もおすすめです。