植物について

フランキンセンス(乳香) Boswellia sacra

フランキンセンス(乳香)の特徴

科名:カンラン科

エッセンシャルオイルの抽出部位:樹脂

エッセンシャルオイルの特性成分:α-ピネン、リモネン、β-ミルセンなど

 

乳香あるいはオリバナムとも呼ばれるフランキンセンスは、主に東アフリカに生育するカンラン科ボスウェリア属の芳香ゴム樹脂です。エッセンシャルオイルは、樹皮から染み出し、空気に触れて固まった淡黄色の樹脂を水蒸気蒸留することで得られます。
フランキンセンスは宗教的儀式の薫香としてよく知られていますが、サンダルウッド同様、ヨガや瞑想など、体の無駄な力を抜いて精神統一をしたいときの芳香浴に最適です。

 

アロマテラピーにご使用になられる場合には、書籍サイト等をご覧になり、ご自身の責任と管理の下に行ってください。

フランキンセンス