Panacea Pharma

パナセア・ファルマは、安全で効果的なアロマテラピーのための精油ブランドです。

Aromatherapy is a science; for your well-being and safety, it must be treated by professionals.

パナセア・ファルマ日本総代理店 日本エステル社

 042-502-8877

受付時間 月〜金/10:00-16:00

植物について

ペパーミント Mentha × piperita

ペパーミントの特徴

科名:シソ科

エッセンシャルオイルの抽出部位:花が咲いている全草

エッセンシャルオイルの特性成分:メントール、メントン、1,8-シネオールなど

 

シソ科 Mentha(ハッカ)属の植物は、優れたハーブとして古くから世界のあらゆる文化圏で親しまれてきました。Mentha 属には多くの種があり、分類も容易ではありません。

 

古代ローマの学者プリニウスは著書『博物誌』の中でその薬効について次のように記しています。「ハッカの香りは頭をスッキリさせ、その味覚は食欲を刺激する……。頭痛にはハッカで作ったローションをこめかみに塗り、胃の痛みには乾かして粉にしたものをひとつまみ口にすれば痛みが鎮まる。また、それを飲み物に混ぜて飲めば虫下しにもなる」。

 

Mentha 属にはとても多くの種があり、その上さまざまな雑種が入り乱れ、分類が非常に難しいと言われていますが、その中で優れた効能と幅広い用途から、アロマテラピーに欠くことのできない基本のエッセンシャルオイルの一つとして知られているのがペパーミント Mentha × piperita です。

 

ペパーミントのエッセンシャルオイルはモノテルペンアルコール類のメントールとケトン類のメントンを主成分としていますが、この2つの成分のパーセンテージを比べて、メントールのほうが多く含まれるものが安全で、そのエッセンシャルオイルの品質も良いとされています。

 

さわやかな清涼感あふれる香りのするエッセンシャルオイルで、心身をリフレッシュします。

 

アロマテラピーにご使用になられる場合には、書籍サイト等をご覧になり、ご自身の責任と管理の下に行ってください。

ペパーミント