Panacea Pharma

パナセア・ファルマは安全性と品質を追求するアロマテラピーに精通したブランドです。

Aromatherapy is a science; for your well-being and safety, it must be treated by professionals.

パナセア・ファルマ日本総代理店 日本エステル社

 042-502-8877(月〜金/10:00-16:00)

 メールでのお問い合わせはこちら

 · 

ラベンダーのビオトープ

南仏プロヴァンスの夏はラベンダーの季節です。紫色の絨毯を敷き詰めたようにラベンダー畑が広がり、芳香に覆われます。

南仏プロヴァンスには、Lavandula angustifolia (便宜的に野生ラベンダーを Lavandula vera、栽培の真正ラベンダーを Lavandula angustifolia または Lavandula officinalis と表記されています)、Lavandula latifolia(スパイクラベンダー) 、そして Lavandula angustifoliaLavandula latigolia の交配種で一般的に「ラバンジン」と呼ばれている Lavandula × intermedia の3種のラベンダーが生息しています。

そして、これら3種のラベンダーはそれぞれ日当たりの良い山の斜面に、標高によって種類を見分けることができるほど、律義に互いのテリトリーを尊重しながら生息しています。

まず、標高 1200m 以上の高地には野生のラベンダーが自生しており、その下の1200m~1000mあたりではこれと同じ種の真正ラベンダーの栽培が行われています。

標高 700m~800m の地帯には、上から「母」である真正ラベンダーと、下から「父」であるスパイクラベンダーにサンドイッチ状に挟まれて、両者の交配種であるラバンジン Lavandula x intermedia が生息しています。

これらのラベンダーの生息圏から離れ、地中海に面した珪質土の陵にしばし密生して見られるのが、ファミリーの中の異端児ラベンダーストエカス Lavandula stoechas です。ウサギの耳のような苞葉(ほうよう)のついた花が特徴で、高温多湿の日本でもよく育ちます。ケトン類(フェンコン、樟脳)と1,8-シネオールが多く含まれているので、私たちがイメージするフローラルなラベンダーの香りとは全く異なります。

地球温暖化の影響とも言われていますが、近年、プロヴァンスの真正ラベンダーは害虫による立ち枯れ病が蔓延してしまいました。より冷涼な他の国や地域での栽培が行われています。